· 

2019年6月15日(土)の特別稽古

去った6月15日(土)は、大工哲弘先生、苗子さんをお招きして、関東5支部(東京、杉並、東関東、東京あらかわ、多摩)合同の特別稽古が開催されました。

 

多摩支部からは、2名参加しました。

うち1名は、今年の琉球民謡音楽協会コンクールの新人賞部門に挑戦します。

特別稽古では、本番さながらに立って演奏しました。最近、喉の調子が良くない様子でしたが、高い声もしっかりと唄っていて、大工先生からもよく勉強しているとのお褒めの言葉をいただき、このままコンクール本番でも頑張ってくださいと激励のお言葉をいただきました。

  

12:30から20:00までの長時間、大工先生、苗子さん、本当にありがとうございました。

特別稽古にていただいたご指摘、アドバイスは、今後の稽古に活かして、更に精進して行きたいと思います。

 

コンクールまで残り10日余りですが、最後までしっかりと練習して、良い結果が出せるように頑張りましょう。

 

【多摩支部の稽古曲】

 でんさ節、たらくじ節、くいがま節

 

 

(写真は、他の支部のメンバーの稽古の様子です。)

 

 

多摩支部では、一緒に唄三線を学ぶ仲間を募集しています。

興味がある方は、いつでも見学可能です。

各ページ右のお問合せフォームからお問合せ下さい。